APPLICATIONS 導入事例

接着剤

事例1

ユーザー
大手繊維加工メーカー
用途
自動車の内装材接着
機種
PR-40-2.0X

課題

このメーカーでは、自動車の内装材の張り合わせプレス工程で接着剤(粘度350mPa・s(25℃時))を塗布しています。
以前から自動スプレーガンを使用していましたが、スプレー中に接着剤が糸を引いてしまう、塗布幅が十分に広がらない、ミストが舞い上がって汚れるなどの課題を抱えていました。

課題イラスト図

ルミナの提案と成果

ルミナの中でも最もワイドに広がる機種の一つ、PR-40を提案。
同機種には霧化エア用、パターンエア用の2つの調節器が付いているため、ミストの状態を細かく調整できます。
今回、霧化エア圧は飛散を防ぐため(接着剤用としては)低めに、
パターンエア圧はスプレーを広げるためやや高めに設定しました。

(吹き付け条件)
  • 霧化エア圧力 0.08〜0.18MPa程度
  • パタンエア圧力 0.15〜0.25MPa程度
  • 液圧 0.15MPa(圧送タンク使用)
  • 吹き付け距離 300mm

その結果、パターン幅は従来比30〜40%もアップし、スプレーガン1台で200mm以上の幅を塗布できるようになりました。
また接着剤の糸引きがなくなったほか、霧化エア圧を低めに設定したことで飛散も目立たず、作業環境は大きく改善されました。

事例2

ユーザー
自動車部品メーカー
用途
接着剤の塗布
機種
ST-5R-0.5X

課題

このメーカーでは、自動車の窓枠材を製造しており、厚さ0.8mmの鋼板にゴムパッキンを接着しています。
ワークの3つの面それぞれに接着剤をなるべく効率よく塗布する方法を探していました。

課題イラスト図

ルミナの提案と成果

丸吹のST-5R-0.5Xを提案。粘度のある接着剤のため、高めのエア圧力で霧化しました。
液の供給には、圧送タンクを使用しました。

(吹き付け条件)
  • 霧化エア圧力 0.22MPa
  • 液圧 0.3MPa(圧送タンク使用)
  • 液量 10mL/分

その結果、お客さまのイメージ通りに塗布することに成功。
定期的なメンテナンスを行ってもらうことで、詰まりも少なく安定的に運用することができました。

SUPPORT トラブルサポート

CONTACT お問合せ

製品カタログやメンテナンスマニュアルのダウンロードはこちらから。